不調の原因かもしれない【ジオパシックストレス】

記事を読む前に

この記事は、サードアイをご利用いただいているみなさまの、個人による健康管理の参考にしていただくことを目的にしております。様々な文献、資料をまとめたもので、必ずしも記載内容の精度を100%保証するものではありません。

また、不定期ですが、最新の情報へ更新いたしますことをご了承ください。

地理的要因のストレス

(ジオパシックストレス)

この検査は、量子波動検査解析において測定された各部位の様々な不調和の要因のひとつとして、症状と合わせて原因をさぐる目安となるものです。

カラダの不調は、これまでの積み重ね、蓄積の結果です。
サードアイでは、地理的(地場)要因のストレス(Geopathic Stress)が体内に存在する可能性が、周波数共鳴にて示されます。
それが極端に共鳴している場合は、体調不良の原因のひとつである可能性が大きいと考えられます。

不健康の要因としてのストレスの考えは現在、世界的にも広く受け入れられており、身体への影響は比較的十分に文書化されています。原因の真の範囲はそれほど多くはありません。
ほとんどの人はその存在に気づいていないため、不健康への因果関係としてのジオパシックストレスは通常無視されます。

ジオパシックストレスは、体の微妙なエネルギーシステム(エーテル体、チャクラ、経絡)と体の電気システム(脳、心臓、筋肉)の両方を損ない、治癒と回復を遅らせる可能性があると主張されています。

まずは、ベッドの場所や向きを変えてみることから対応してみましょう。

ジオパシックストレスとは

【地相】の一種であるジオパシックストレス(geopathic stress)は、「大地の病気を引き起こすゆがみ」と言う意味です。

地下水脈・断層・レイライン・土地毒・高圧電線・家庭内配線による電磁波・特定の鉱物の堆積・断層線や地下空洞や、最近では、人工洞窟(トンネル)・埋設電気ケーブル・側溝・水道管・地球のネット状エネルギーラインなどによって作られる弱い電磁界で歪められた振動が、大地に良くない影響を与えると言われています。

ジオパシックストレスの影響

これまでにダウザーと医者の共同研究によって、ジオパシックストレスのある土地に住む人体や動植物に悪影響を及ぼすことが解明されてきました。

例えば下記のような事実が判明してきています。

・ガン患者の多くが、水脈や断層の上にベットがあった

・交通事故の多い道路は、地下に水脈が横切っていた

・実験用のマウスの死亡率が多いゲージは、水脈上に置いてあった

また、眠る場所を変えて2週間以内に下記のような症状が現れた場合は、ジオパシックストレスの上に寝ている可能性があると言われています。

・寝つきが悪い

・夜中に眼を覚ます

・眼の疲れが取れない

・十分眠っているのに体の疲れが取れない

・目覚めが悪い

そのまま同じ場所で寝ていると、

悪性、気管支肺疾患、関節、糖尿病を含む癌プロセスを発症する可能性に加え、
免疫系の悪化、精神栄養および精神情動障害、心血管系および胃腸管の変化

など、重大な病気に発展しかねません。

自然界に見るジオパシックストレス

ジオパシックストレスは、自然界の動植物の生態を観察することで、ある程度までは知ることが出来ます。

下記のような影響が出た場合、ジオパシッックストレスの可能性が高いと言えます。

①植木鉢の植物は育ちが悪く、発芽が遅れ

②切花は早く枯れ

③アリの巣が多く

④地面や壁にひび割れが出来る

ジオパシックストレスへの対処

ジオパシックストレスは、

①適切に場所を特定し

②適切に処置をする

ことで、早ければ2~3日で緩和効果が現れます。

ジオパシックストレス研究の歴史

1929 年

1月には、ドイツの科学者バロングスタフ・フォン・ポールは、地球からの放射でガンなどかかった患者の死亡したベットの位置が地下水脈上に位置していることを証明するために研究した。

ベルリン・ガン研究センターとの共同研究である。

場所は、南ドイツのVilsbiburgという町で、調査した。

ポール氏はダウジングで町の地下水脈と地球放射を地図上にマッピングした。

次に科学者が、地区病院の記録を元に、地図上にガンによる死亡者の家をマッピングした。

48名の全てのがん患者は、水脈上に生活していた。

これは、公式な監視のもと描かれた事を証明する、この町の市長や警視などのサインが入った報告書として提出された。

1930 年

がん研究のためベルリンセンターはポールの所見を受け入れ、彼らの7月ジャーナルに情報を公開し、地球放射は癌の原因となる要因となる可能性があること掲載。

ポールは彼の仕事に関する本を( "Illessとがんの開発のための病原体としての地球はカレンツ"、現在は絶版)出版され、ドイツの医師の数は彼らの患者を助けるために材料と作業を始めた。

1935年から1953年

ポールの作品は、ドイツ/アメリカ人、マンフレッド・カリー医学博士によってさらに進んでいた。

カリー博士は南ドイツの研究クリニックの院長だった。

地球のエネルギー現象を調査した。

人間と人間のエネルギーフィールドの天候の影響に関する彼の仕事から、カリーは人間のエネルギーレベルに影響を与え、さらに赤血球沈降速度に影響を与えているエネルギーネットを発見。

それはカリーネットとして知られるようになった。

カリー博士は、患者のベッドが置かれた場所を知ることで患者を診断することができることを発見した。

1950 年

ドイツの医師、エルンスト・ハルトマン博士は、水のダウジングだったとハルトマンネットとして知られるようになったものを発見。

エネルギーライン(Krankheit ALS Standortproblem Bdの1 + Bdの2)の有害な影響に関する2冊の本を出版。

ハルトマン博士は、現象を研究して数十年を過ごした。

彼は人々が働いていたり、地球エネルギーの経絡上に眠っていた場合、心臓発作、不眠症、慢性喘息、片頭痛、背中の痛みやがんに苦しむことがわかった。

彼はベッドを移動したときに、常に乱れて泣いてた赤ちゃんはすぐに落ち着くことを発見した。

さらに彼は北/南に寝て、東/西ラインは炎症にそれらが発生しやすいラインで、けいれんやリウマチになりやすい人々を作ったことがわかった。

しかし最も注目すべきは、彼はすべて2本のハートマン線が交差している場所での、すべての胃がんで死亡していた同じ家に同じベッドで眠った家族の三世代を紹介した。

1953年以降、エルンスト・ハルトマン博士は医学的な見地から彼の経験を記録し、原因不明の病気と地球放射の発生率との間の関係を発表した。

彼の死までの1993年に、ハルトマン博士はそのベッドではなかった癌患者探したが見つけられなかった。

1970 年

オーストリアの学校の先生とダウザーのBachlerは地球放射現象に最も広範かつ最新の研究プロジェクトの一つを開始した。

医師と共同でBachlerは11,000人にインタビューを14カ国で行い、3000の睡眠と職場のダウジング調査を行なった。

すべての説明のつかない隣では、彼らは地球の光線が病気の原因であることを解明した。有害な場所でのベットか職場のデスクで生活した500名の癌症例を確認した。

また問題のある子供の95%は、有害な放射線上に寝ていることがわかった 。

1985 年

ベロニカカルステンス博士(旧ドイツ連邦大統領カールカルステンスの妻)は、末期がん患者はその睡眠エリアがジオパシックストレスからから移動された後、任意の従来の治療せずに自分の健康を取り戻した700例の症例があったことを示す研究を発表。

参考:日本ダウザー協会 https://www.j-dowsing.com/

それでは、サードアイでも調査項目とされている代表的なジオパシックストレスについてみてみましょう。

カリーライン

カリーラインは、1899年にミュンヘンで生まれたアメリカ人医師、カリー博士にちなんで名付けられました。

カリーネットワークは、ハートマンネットワークの対角線グリッドです。これらは北東-南西および北西-南東のラインで、ライン間の距離は4〜16メートルです。
単純なカリーラインは、他の干渉が発生しない限り、それほど危険ではありません。

ハートマンラインと同様に、カリーラインは夜間および交差する点で放射線の強度を高めます。さらに、その強度は月の周期にも影響されます。それで、満月に増えました。

この意味で、主な健康への影響は、カリークロスの垂直上で休んでいる人々の睡眠中に、通常は不眠症の形で発生する可能性があります。

それは、しばしば非常に激しい腰痛であり、しばしば治療に耐性があります。

ハートマンラインとは異なり、カリーラインは、地球の内部からの放射ではなく宇宙の影響に起源があると考えられています。

ハートマンライン

「ハートマンライン」は、科学的に証明されていない、地球固有の放射の目に見えないエネルギー線のグリッド(ドイツErdstrahlen)で、彼にちなんで名付けられました。

最も有名なグローバルネットワークは、20世紀半ばにエルンスト・ハートマン博士によって発見されました。

それは彼の著書「Krankheit als Standortproblem(ローカリゼーションの問題としての病気)」で詳細に説明されています。

ドクターは何千ものジオリズムグラフを比較することでその存在を推定しました。彼の作品は、人体の電気抵抗が基点によって方向付けられたグリッド上で分解され、それが彼の名前を獲得したことを示しました。

中緯度では、東西に2.5m、南北に2mの距離を持つ平行線です。これらの幾何学的線の間に中立ゾーンがあります。
ハートマンラインの強度は夜間に増加します。したがって、人間の健康への影響は、特に睡眠時間中に発生します。

ハートマン博士は彼の本で人間の健康への影響の証拠を提供しています。

特に、ハートマンネットワークの交差点の垂直線の上にあるポイントや、地下水や断層などの他の地質学的擾乱と交差する単一のハートマンラインが、通常、不安、不眠症、震え、けいれんの増加という形で発生します。

これらのネットワークは常に存在していたはずなので、生物はすでにこれらのネットワークに慣れているはずです。

しかし、人間の活動が彼らに影響を与える可能性があるようです。

地質学者は、田舎や自然の環境、より滑らかな放射線を放出する場所と比較して、電磁界による人工的な汚染が大きい都市部でより集中的にそれを検出します。

このグローバルネットワークや他のネットワークの存在は、しばしば疑問視されます。

主な理由は、測定装置では検出が難しいことです。

これは、地下水や断層などの他の自然の地球生物学的変化の場合とは異なり、磁力計などの装置で簡単に検出できるためです。

検出の最も一般的な方法は、増幅の助けを借りて、またはそうではない地球生物学者の個人的な感性に基づいています。

この意味で、2人の専門の地球生物学者は、互いに数センチメートル離れたハートマンラインの位置を示すことにバインドされています。

レイライン

レイラインは正の電気極性を持ち、人間の放射線に役立ちます。

レイラインは、格子状に張りめぐらされた、地球のエネルギーの通り道です。

エネルギーが強すぎるため、レイラインの上に生える植物は、エネルギーから逃げようと、変形して成長したり、病気になったりします。

人間も、当然レイラインの上に住んでいるとしだいに、健康が蝕まれていきます。

Bulwich保健協会(英国)では、健康上の問題を抱えている、25,000人を調べたところ、ガン患者の、95%、ADDの95%、流産の80%、乳幼児突然死症候群の80%、不妊カップルの80%、慢性疲労症候群の70%、食物アレルギーの70%が、地下のジオパシック・ストレスの影響を受けていることが、わかりました。

そして、ガンの再発率は100%だそうです。

インドの建築家曰く、インドでは今でも牛を使い、牛がリラックスしている場所に家を建て、ジオパシック・ストレスのリスクを回避するそうです。
(ちなみに、猫や蜂は乱れたエネルギーの地場を好み、犬は穏やかなエネルギーの地場を好むそうです。)

金属干渉

金属物体によって引き起こされるDC電磁界の混乱。地球の自然の地磁気は、金属の存在によって乱されます。

寝室にある金属、特にベッドスプリングがこれらの磁場の磁束を強める結果であり、多数の電化製品、ベッドの下を走る延長ケーブル、および変圧器からのベッドと家の周りの高磁場の相互作用によって悪化します。

脳、心臓、肺、肝臓、脚などの露出領域の体液(血液およびリンパ管)を加速または減速する可能性があります。

同じ鋭い変化への睡眠時間の曝露何年にもわたる磁場の影響は、慢性的な健康への影響を引き起こす可能性があります。

セントジョージライン

ハンガリーに投影されたレイライン。

古代の考えによれば、セントジョージライン、 またはドラゴンラインとしても知られているラインが地球を取り囲んでいます。
その形成は地球の磁気にまで遡ることができます。
これらは一種の振動、エネルギーシステムです。

線が交差する場所は、人体にあるツボと同様の経穴です。 複数の彫刻は神聖な、 神聖な場所でもあります。
これらの分野ではエネルギーが非常に集中しています。
このエネルギーに満ちた空間は、 数分間の滞在で私たちのオーラを充電できるほど強力です。

しかし、このような場所での生活は健康的ではなく、お勧めできません。 エネルギーが多すぎると人間は手に負えなくなります。

カルパティア盆地は、地球上で比類のない経穴の集中を発見できるため、セントジョージズラインの中で独特の際立った役割を果たしています。
ハンガリーには大きな交差点が2つあり、1つはピリス、 もう1つはジュラにあります。

レイラインはセントジョージラインに付随する線で、 60~70メートル平行に走り、 幅は1メートルで、 負の極性を持ちます。 動く石が目印です。
セントジョージラインは幅2.5~3.5メートル、 陽線で、 長さは3~5キロメートルになる場合があります。

セントジョージラインがレイラインと交わると、レイラインは+極性に切り替わります。 放射はバンドの端でより強く、 中央ではより弱くなります。

2本の水路とセントジョージラインが交わる場所に教会が建てられれば、その部屋の音響は非常に良くなり、たとえ最後の席にいてもすべての音が聞こえます。
フェアリーパス、休閑地などの名前で呼ばれることもあります。
その振動レベルは100段階で測定でき、 通常は約70の値を示しますが、 イースターや春分の日には振動が高くなります。

健康上の問題としては、疲労、倦怠感、頭痛を引き起こす可能性があり、 完全な筋萎縮の根本原因になる可能性があります。

地下水脈

1929年、ドイツ・バヴァリア地方、ダニューブ川の支流にあるフィルスビーブルグという村では、なぜこうもガンが多いのか?グスターブ・フライヘア・フォン・ポール男爵は、村をダウジングして、地図に地下水脈を書き込みました。

地図を病院に持って行き、ガンで亡くなった人の家を地図に×で記すとすべて、地下水脈の上にあることがわかりました。
そして、地下水脈は人だけでなく、動物・草花・木にも重篤な病気をもたらしていたことがわかりました。

地下水脈の危険性は「水の中の塩分とミネラルが電気を帯びて、電磁波を地上に放射するから」。

人間が電気を使うようになる前は、地下水の上で寝ても大丈夫だったとのことです。

例えば(豪)ヴィクトリア州ワンガラッタの近郊に、高圧送電線の鉄塔が建てられてから、地下水脈の上ではガンや白血病が25%増と劇的に急増しました。

高圧送電線の近くより、そこを通った地下水脈の上で生活している人の方が被害が大きかった!ということです。

地下水脈は、高層マンションのどんなに高い階でも、関係なく影響するそうです。

また、鉄骨の建物は木造に比べ、電気をはらみやすいだけでなく、地下水の電磁場の影響も、大きくする傾向があります。

地下水脈のある所は、木の枝が下を指して示してくれているので、家の周りの木を観察するといいでしょう。

Follow me!

THIRD EYE NLS SYSTEM PLUS

1台で完結!あなたの人生に心強い味方を

量子波動検査解析器サードアイは、どうしたら良いかわからないさまざまなお悩みに多次元的な視野で対応できる次世代マシン。解析から療法まで1台で何役もこなすため、複数台揃える必要はありません。
未来を見据えた副作用のない最先端の未病対策をあなたの手に。

導入に関するお問い合わせはこちらから。