周波数による未病発見!この仕組みがあなたの人生に有益である理由

未病とは

①症状はないが病気がある

②症状はあるが病気ではない

という状態をいいます。

これらは重大な病気のサインだといわれています。

量子波動検査解析器サードアイ

量子波動検査解析器サードアイ(THIRD EYE NLS SYSTEM PLUS)は、

①未病の状態を見つけ

②ケアすることができる

革新的な機器です。

量子波動検査解析器サードアイ

ところで、量子波動検査解析器サードアイでは、どのように未病を発見しケアができるのでしょうか?

しかも、安心・安全な方法で・・・

それは波動(周波数)が教えてくれるのです。

量子力学の世界では、カタチがあり、触れることのできるもの➡例えば食べ物も、机も、本も、人間の器官、組織も、

カタチもなく、触れることのできないもの➡例えば感情や空気であっても、

最小単位は量子(素粒子)であり、それぞれが異なった周波数で振動していると言われています。

「もの」が違えば、当然周波数も異なります。

「違う物質なのに周波数が同じである」ことはないというわけです。

上の図のように、健康な組織は、健康な組織の周波数で振動しています。

体調を崩し始めると、その健康な周波数からどんどんズレて振動するようになるのです。

ズレて振動しはじめた組織の波動には、どのような原因で、どのような状態になろうとしているか?その情報も加わっているため、ケアの指針になるのです。

では、身体が病気を作るときの周波数の変化をみてみましょう。

「健康な周波数」

「周波数が乱れる」

「乱れた状態が定着」

「組織の変化・変成」

の4段階で表しています。

このように「健康な周波数」から「周波数が乱れる」段階が、未病の第1段階です。

この段階で見つかれば、1回のセラピーで自己治癒力の活性化が望まれ、早い段階で不調を食い止めることも可能です。

「周波数が乱れる」から「乱れた状態が定着」段階は、未病の第2段階

ここではまだ組織が変化・変成する前であるため、数回のセラピーとレメディ療法などにより、早い段階で健康な周波数に戻るだろうとイメージできます。

ここまでの状態であれば「自覚症状がある」というよりも「なんとなく不調」の段階です。

例えば、「無症候性」などと呼ばれる症状のない病気もたくさんあり、症状がないため気づかないうちに状態は進んでしまいます。

病院に行っても「特に問題はありません」と言われるか、「経過観察」などと言われるだけで、おそらく処置はしてもらえないでしょう。

しかし最後の「組織の変化・変成」段階になれば、すでに組織の状態が変化している段階のため、健康な周波数に戻るには、しばらく時間がかかると考えられます。

そのため、できるだけ早い段階=「未病」のうちに変化を見つけ、ケアすることが、病気にならない身体づくりに重要です。

量子波動検査解析器サードアイでは、「健康な周波数」からズレてしまったその原因もピックアップされます。

したがって、定期的に量子波動検査解析器サードアイでチェックしていれば、未病の段階で把握でき、その場ですぐにケアすることも可能。

早めに対策を立てることで、病気が進む前に食い止めることができるのです。

今はまだ、健康に不安がないと感じていても、体調不良は急に起きるものです。

特に、菌やウイルスなどが起因する感染症は、防ぐことが難しい疾患です。

お悩み

量子波動検査解析器サードアイで定期的にチェックすることは

「早い段階での未病発見」や、リスク管理に役立ちます。

病気になる前にチェックできれば、

①変化にいち早く対応でき、

②状態の悪化を食い止める

ことにつながるでしょう。

健康

ひとたび病気になってしまうと、治せない、なかなか治らないことがあります。

できるだけ普段から、定期的に量子波動検査解析器サードアイでチェックをする習慣を身に着けたいものです。

Follow me!

THIRD EYE NLS SYSTEM PLUS

1台で完結!あなたの人生に心強い味方を

量子波動検査解析器サードアイは、どうしたら良いかわからないさまざまなお悩みに多次元的な視野で対応できる次世代マシン。解析から療法まで1台で何役もこなすため、複数台揃える必要はありません。
未来を見据えた副作用のない最先端の未病対策をあなたの手に。

導入に関するお問い合わせはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です